2007年9月10日月曜日

string descriptorは偶数アドレスから始めること

今回の注意点!
  • string descriptorは偶数アドレスから始めること
  • endpointへの書き込み(ホストへの報告)のバイト数はdescriptorどおりであること


シバ某様、ありがとうございます。

お時間を頂戴して、私の汚いコードをごらん頂き、
かつ、オプティマイズさんの掲示板(No.169)に丁寧な解説も付けてくださいました。

で、修正してみました。
ご指摘いただいたように、ファームの書き込み後に、1回目の接続ではマウス部分がエラーになり、
2回目の接続でマウスとして認識されます。

string descriptorは報告されたようです。


2回目でないと認識してくれない理由は、、、、

なんでしょうねぇ。
ホストが聞いてくる順番で答えてない、と言うことなのでしょうか。
なんかのアドレス指定が入れ替わってたりして。。。

詳しくはこちらのページに書きました。

がんばるっす!
またこちらにファイルを載せておこうと思います。
こちらのページからごらんになって、みなさまのお知恵を頂戴できれば幸せです。


当ブログ内Link
コメントを投稿