2013年8月5日月曜日

今日のfirmware実験 USB (funny keyboard v2b) なんだかおかしいひとりごと編

2013-08-05

モード変更周りのコードを再確認しました。

ColumnとRowの使い方がごちゃごちゃになってました。
ColumnもRowも、自分で決めた設定なのですが、ピンのHigh、Lowの設定を行うのがどちらで、キーの押し下げ具合の結果として読み取るのがどちらなのか、混乱してました。
電子回路の本当の意味を理解せずに見よう見真似でやってたからですね。

「R」のキーを押すと、モードが「1」になってしまっていたのは、このせいでした。
モードを調べるところでだけ、ColumnとRowを逆にしていたので、「R」のキーがモード変更用のキーとして働いてしまっていたのでした。

この修正により、「R」キーがレポートされるようになりました。

モード「0」では、全キーが正しく作動中。


モード「1」(右手親指のモードシフトキー)は正しく動いている模様。
しかし、モード「2」になるはずの左手親指のモードシフトキーを押すと、まったく意図しないキーコードがレポートされてしまっている。
右手「Windows」キーでなぜか「a」が 出る。
右手「Alt」キーでなぜか「b」が 出る。
右手「Shift」キーでなぜか「4」が 出る。
右手「Jキーでなぜか「5」が 出る。
右手「:」キーでなぜか「]」が 出る。
なんか、ずれてる?

うわーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!
明日やることが増えました。
どんなふうにずれているのか。
そしてそれはなぜなのか。

コメントを投稿