2010年6月25日金曜日

できてみたら簡単だった


Blender 2.5.2 でのハナシ。

イモムシみたいなロボット(に、するつもりのオブジェクト)の目にするつもりで
カメラをそのイモムシの頭の先っちょにひっつけたかった。

Emptyを頭の子供にした。
カメラを、そのEmptyのさらに子供にした。

そしたら、頭の動きに応じてカメラも動くようになった。

なぜEmptyを間に入れるのかというと…
直接カメラを頭の子オブジェクトにするとカメラが頭の中に埋もれてしまう。
それでもカメラのClip開始を頭の外になるように設定すれば問題ないのだけれど、
Emptyは自由な場所に置くことができるので、カメラの位置決めが楽になるというのがその理由。
コメントを投稿