2009年5月20日水曜日

Blender 2.49RC で ゲームモードでの「鏡」が作れる!

Blender 2.49RC(この記事の執筆時点ではRC3が最新) で 、
Video Textures in Game Engine
という機能が使えますが、

このデモの中に、驚愕の物体を発見!

なんと、左側の窓のようなのは…鏡じゃないですか?

左右逆のマテリアルが用意されているわけじゃなさそうだし…
カメラで撮った動画を反転させてVideo Textuerとして使用しているんでしょうか。
Pythonがまだ読めないので判りませんが。。。



俺の作りたいものは

キャラクター(プログラム)は独自の視点を持っていて、Dome rendering for Game Engineをした画像を使用します。

このキャラクターのいる部屋に鏡を置きたいと常々思っていたので嬉しい限りです。

そして、そのキャラクターの動作を観察したりキャラクターを導いたりするプレーヤー(人間)が存在しているので、その人の視点から見た画像を作らなくちゃなりません。

キャラクターが自分目線で鏡を正面から見たら、自分が映っているのが見えるはずですが
プレーヤーがこれを斜めから見たら、その鏡にはキャラクター正面の絵ではなくて腕と斜め後ろの景色が見えるはずですね。

さて、ここで問題です。これは実現可能でしょうか。
一つのマテリアルに、複数のVideo Textureが貼れるということですが
複数の視点別に異なるVideo Textureが貼られているように見せることは…
出来るでしょうか。
コメントを投稿