2008年3月17日月曜日

変なキーボード5

今回は写真なしです…

小さな箱(タッパーなんですが)に入れていた基盤は
はじめは細いリード線で配線したまま箱につっこんでいたのですが
あとから一本一本丁寧にテープで留めて絶縁しました。

思わぬ接触があったようで、予期せぬ動作は
この絶縁作業でなくなりました。


また、スイッチもハンダゴテのあてすぎで
内部が溶けちゃって、常時通電状態というものが2つありましたので
取り替えました。
(中が溶けてたのは分解して確認しました…)

チャタリング対策をハードウェア的にとっていないので
ファームウェアでウェイトをかけて吸収するようにしているのですが
スイッチの重さと指の力のかねあいか、なんだかわからないですが
2回押したつもりが3回入力されたりすることがあって
(薬指で操作するスイッチで頻発)、もしかしたらそのスイッチを取り替えると
うまく行くのかもしれません。


このへんなキーボードをEM・ONEにつないでみたところ、
当然のようですがキーボードとして使うことができました。

あとはブート時にBIOSが認識してくれるかどうかを実験する必要があります。


この後する事は
 チャタリング対策のためのウェイト時間の最適化
 キャップスロック等のLEDの実装
 マウス機能の実装
 ファームウェアの公開
 キーマトリックスの公開

といったところでしょうか。

ファームウェアとキーマトリックスはとりあえず現在のものを公開すべく
準備中です。
コメントを投稿