2007年2月27日火曜日

やっぱり分からない、ボールの動きのカウント方法

腱鞘炎が我慢できないくらい痛くなってきてます。

もう、ここが攻殻機動隊の世界なら、脳から直接PCに入力しているところです。
本物の腕と同じかそれ以上の制御が出来て、感覚があるなら、
義体化してもいいと思うほど。

が、この浮世ではそうもいかないので
自分の理想とする入力デバイスを作ろうとしているのですが…

トラックボールデバイスをバルクで買ってきました。
分解して、フォトトランジスタへの入出力の線を引き出しました。
で、これをオプティマイズ(電子工作・ゲームハード解析)さんのEZ-USB FX2 (56ピン)に接続して
ファームウェアを書けば出来上がり!
のはずでしたが、

なんとまあ、どうやってカウントしたものやら。

フォトトランジスタからのパルスがあったら、
もう一本の電圧を調べて、
プラスするべきかマイナスするべきかを判断し、
カウンタ変数に保存して、
ホストからのエンドポイント0が届いたら、
その変数の値を教えてあげる。

こういう筋書きで行こうと思っているのですが、
INT0とINT1の外部エンドポイントでの処理を
どうやってソースに書けばいいのか、さっぱり分かりません…

泣き泣きです。
もう一度、いちから勉強しようと、
眠すぎる頭で考えているような思っているような妄想しているような毎日です…
コメントを投稿